中学受験 親ができること

中学受験 親ができることをご提案します

【中学受験】親が宿題を教えるべきか?

中学受験生を抱える保護者の方からよくこういった質問を頂きます。

「宿題は見て(教えて)あげた方がいいですか??」

 

結論からいきます。

答えは「No」です。

 

塾が終わってから毎晩遅くまで塾の宿題を手伝っているというのは、中学受験生を抱えているご家庭ではよくあることだと思います。

 

いつの時からか、手伝わなければ(教えてあげなければ)宿題が終わらないようになってしまっているのです。

 

これは、子どもが「甘えている」という面が非常に大きいです。

「お母さん(お父さん)に聞けばよい」

「考えるのが面倒な問題は、自分では解かずに教えてもらおう」

いつの間にか、このように考えるようになるのです。

 

最初は1、2問の難しい問題を教えてあげていたのが、いつの間にか練習問題のページは全部教えることになっている。なんてことありませんか?もちろん、学年が進み、問題(単元)が難しくなってきたということもあるかもしれませんが、そもそも塾から出される宿題は、授業で習ったことの類題であったり、反復練習が中心のはずです。全部わからないなんてことにはなりようがありません。

 

実は、塾の授業中も、

「帰ってお母さん(お父さん)に教えてもらうから、今はわからなくてもいいや」

というような、理解することを途中であきらめてしまっている子が多いです。

 

要は、宿題を教えてあげるという行為によって、

宿題を自分の力で頑張るということを辞めさせてしまっているだけでなく、

授業中の取り組む姿勢にまで影響を与えてしまっていることになります。

 

そんなこと言われても、本当に無理なんです。

という場合には、通っている塾やコースが子どもの学力に合っていないのでは?

という疑問が出てきます。

 

昔から、

「〇〇中学校に行くためには〇〇塾の〇〇コースに通っとかなくては、、、」

というような言葉を耳にします。

 

確かに合格実績を見れば、その結論に至るのかもしれませんが、よく考えてみて下さい。「〇〇中学校に行くためには〇〇塾の〇〇コースに通っとかなくては、、、」という噂に引き寄せられて、単に〇〇中学校を志望している生徒が多くその塾に集まっているだけ、ということもよくあることです。本当にその塾に通えば、そのコースにいれば合格できるのでしょうか?

 

何も志望校をあきらめて下さいと言っているわけではありません。

一度、子どもの学習状況を客観的にみて(これがなかなか難しい)、志望校合格のために今するべきことが宿題を教えることなのかどうか、考えてみていただけると幸いです。