中学受験 親ができること

中学受験 親ができることをご提案します

【中学受験】ゲームを禁止するかどうか

中学受験生を抱える保護者の悩み

「ゲームを禁止するかどうか」

 

昔からゲームや漫画は、小学生が時間を忘れて没頭するものの代表例です。

最近では、スマホタブレットを利用してYoutubeなどの動画を見ることに没頭してしまう子も多いようですね。

こういった、受験勉強の「敵」をどうすればよいのか?

私は保護者からのこういった相談を受けた場合には、「禁止してください」とお答えします。

その理由は、子どもに「ゲームをする時間が無くなれば勉強がはかどる」ということを知ってもらいたいからです。

小学生のうちは、比較的親の言うことを聞いてくれます。親が「ゲームは禁止」と言えば、不満を持ちながらも言いつけを守ります。これが、反抗期と言われる中学生ならどうでしょうか?難しいですよね。

さて、ゲームを禁止されたことでどう変わるのでしょうか。もちろん、勉強時間が増えます。これまでおろそかになっていた塾の宿題や予習、復習がしっかりとできるようになります。そうすると、当たり前のことですが、塾の授業がわかるようになりはじめ、次第に成績も上がってきます。受験に対するモチベーションも上がってきますよね。

ここまでは誰でも想定できるメリットです。

ここからが、私がゲームを禁止する本当の目的。

見事、私立中学に合格し、めでたくゲームも解禁されました。しかし、定期テスト前になるとその子はゲームを自分から封印します。なぜなら、中学受験の時にゲームをしないことによって、勉強がはかどり、成績が上がることを知っているからです。先述のとおり、中学生の子どもにゲームをするな!と親が言ったところで素直に聞き入れる可能性はかなり低いところですが、何と自らゲームを経つようになります。ゲームだけではありません。マンガやスマホタブレットなど、一般的に勉強の邪魔になるようなものから自然と距離を置くようになります。これは、大学受験の時にも生かされてきますね。

まとめると、中学受験の時に、半ば強制的にゲームを禁止することで、近い将来、自発的に行動できるようになるということです。

さて、余談ですが、、、

「ゲームは宿題や勉強が終わってから」というルールはできればやめておいた方がいいです。

もちろん、至極まっとうなご意見ですが、実際にはゲームを早くしたいがために、宿題や勉強が雑になってしまう傾向があります。

受け入れがたいルールかもしれませんが、「30分ゲームしたら宿題をするのよ」というルールの方が良いかと思われます。もちろん、ゲームをした後に、すぐに宿題や勉強をしなかった場合は、次の日からゲームは禁止にしてください。