中学受験 親ができること

中学受験 親ができることをご提案します

【中学受験】親が宿題を教えるべきか?

中学受験生を抱える保護者の方からよくこういった質問を頂きます。

「宿題は見て(教えて)あげた方がいいですか??」

 

結論からいきます。

答えは「No」です。

 

塾が終わってから毎晩遅くまで塾の宿題を手伝っているというのは、中学受験生を抱えているご家庭ではよくあることだと思います。

 

いつの時からか、手伝わなければ(教えてあげなければ)宿題が終わらないようになってしまっているのです。

 

これは、子どもが「甘えている」という面が非常に大きいです。

「お母さん(お父さん)に聞けばよい」

「考えるのが面倒な問題は、自分では解かずに教えてもらおう」

いつの間にか、このように考えるようになるのです。

 

最初は1、2問の難しい問題を教えてあげていたのが、いつの間にか練習問題のページは全部教えることになっている。なんてことありませんか?もちろん、学年が進み、問題(単元)が難しくなってきたということもあるかもしれませんが、そもそも塾から出される宿題は、授業で習ったことの類題であったり、反復練習が中心のはずです。全部わからないなんてことにはなりようがありません。

 

実は、塾の授業中も、

「帰ってお母さん(お父さん)に教えてもらうから、今はわからなくてもいいや」

というような、理解することを途中であきらめてしまっている子が多いです。

 

要は、宿題を教えてあげるという行為によって、

宿題を自分の力で頑張るということを辞めさせてしまっているだけでなく、

授業中の取り組む姿勢にまで影響を与えてしまっていることになります。

 

そんなこと言われても、本当に無理なんです。

という場合には、通っている塾やコースが子どもの学力に合っていないのでは?

という疑問が出てきます。

 

昔から、

「〇〇中学校に行くためには〇〇塾の〇〇コースに通っとかなくては、、、」

というような言葉を耳にします。

 

確かに合格実績を見れば、その結論に至るのかもしれませんが、よく考えてみて下さい。「〇〇中学校に行くためには〇〇塾の〇〇コースに通っとかなくては、、、」という噂に引き寄せられて、単に〇〇中学校を志望している生徒が多くその塾に集まっているだけ、ということもよくあることです。本当にその塾に通えば、そのコースにいれば合格できるのでしょうか?

 

何も志望校をあきらめて下さいと言っているわけではありません。

一度、子どもの学習状況を客観的にみて(これがなかなか難しい)、志望校合格のために今するべきことが宿題を教えることなのかどうか、考えてみていただけると幸いです。

 

【中学受験】「ビリギャル」から学ぶ中学受験の意義

中学受験生を持つ保護者の方なら、一度は「この子に中学受験をさせることは、本当に正しいことなのだろうか」と考えたことがあると思います。

・塾に行くのを嫌がる

・毎日塾の宿題に追われて寝不足気味

・楽しんで通っていた習い事も一つ、二つと辞めさせた

・少し情緒不安定に感じる

など、子どもの様子の変化を感じ取ると、そう考えてしまいがちですよね。

稀に、自分から「私立に行きたい」と言い始める子もいますが、ほとんどの子どもたちは親からの提案がきっかけで受験することを決めます。

だから余計に親は不安になるんですよね。

 

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

みなさんご存知ですよね。

書籍がベストセラーとなり、2015年には映画化されました。

小学校4年生程度の学力しかなかった高校2年生の少女が、慶應大学に合格するまでの実話です。

 

この話を「奇跡」の物語としてとらえている方がとても多いようですが、私はそうは思っていません。

ポイントは、この少女が「私立の中高一貫校」に通っていたということです。

つまり、小学校の時に中学受験勉強に取り組み、見事に合格しているということです。

 

何をお伝えしたいのかというと、

小学生の頃に取り組んだ勉強は、必ず大学受験に活かされてくるということです。

中学受験の勉強をすることで、速く正確に四則計算ができるように訓練する、難しい言葉の意味をたくさん覚える、など、勉強の基礎体力を身につけます。

また、中学受験で合格したという成功体験が、次の成功を成し遂げる自信にもなったと思います。

ビリギャルが小学校、中学校と全く勉強をしてこなかった生徒だったとしたら、本当に偏差値を40も上げて、慶應義塾大学に合格できたでしょうか?

おそらく、無理でしょう。

 

ビリギャルが私立の中高一貫校の生徒であったという時点で、

「奇跡」の物語ではないということです。

 

もちろん、慶應義塾大学に合格するために、強い意志を持って努力した彼女はとても素晴らしいですし、そもそも慶應義塾大学という最難関の大学に合格したということ自体が並大抵のことではないですよね。

 

ですから、小学生の間に、中学受験の勉強をさせることにためらうことはありません。

ただし、まだ心も体も未成熟な小学生に負担を強いることも事実です。

今の塾(指導形式)は自分の子にあっているのか?

気分転換はできているか?など

環境を改善してあげることは大切だと思います。

【中学受験】ゲームを禁止するかどうか

中学受験生を抱える保護者の悩み

「ゲームを禁止するかどうか」

 

昔からゲームや漫画は、小学生が時間を忘れて没頭するものの代表例です。

最近では、スマホタブレットを利用してYoutubeなどの動画を見ることに没頭してしまう子も多いようですね。

こういった、受験勉強の「敵」をどうすればよいのか?

私は保護者からのこういった相談を受けた場合には、「禁止してください」とお答えします。

その理由は、子どもに「ゲームをする時間が無くなれば勉強がはかどる」ということを知ってもらいたいからです。

小学生のうちは、比較的親の言うことを聞いてくれます。親が「ゲームは禁止」と言えば、不満を持ちながらも言いつけを守ります。これが、反抗期と言われる中学生ならどうでしょうか?難しいですよね。

さて、ゲームを禁止されたことでどう変わるのでしょうか。もちろん、勉強時間が増えます。これまでおろそかになっていた塾の宿題や予習、復習がしっかりとできるようになります。そうすると、当たり前のことですが、塾の授業がわかるようになりはじめ、次第に成績も上がってきます。受験に対するモチベーションも上がってきますよね。

ここまでは誰でも想定できるメリットです。

ここからが、私がゲームを禁止する本当の目的。

見事、私立中学に合格し、めでたくゲームも解禁されました。しかし、定期テスト前になるとその子はゲームを自分から封印します。なぜなら、中学受験の時にゲームをしないことによって、勉強がはかどり、成績が上がることを知っているからです。先述のとおり、中学生の子どもにゲームをするな!と親が言ったところで素直に聞き入れる可能性はかなり低いところですが、何と自らゲームを経つようになります。ゲームだけではありません。マンガやスマホタブレットなど、一般的に勉強の邪魔になるようなものから自然と距離を置くようになります。これは、大学受験の時にも生かされてきますね。

まとめると、中学受験の時に、半ば強制的にゲームを禁止することで、近い将来、自発的に行動できるようになるということです。

さて、余談ですが、、、

「ゲームは宿題や勉強が終わってから」というルールはできればやめておいた方がいいです。

もちろん、至極まっとうなご意見ですが、実際にはゲームを早くしたいがために、宿題や勉強が雑になってしまう傾向があります。

受け入れがたいルールかもしれませんが、「30分ゲームしたら宿題をするのよ」というルールの方が良いかと思われます。もちろん、ゲームをした後に、すぐに宿題や勉強をしなかった場合は、次の日からゲームは禁止にしてください。